Make your own free website on Tripod.com

ヒッチコック映画館

ハイパー検索
ニュース

ヒッチコックDVD
ヒッチコック情報
ヒッチコック館
ヒッチコックプレゼンツ
プロフィール
年表
ヒッチコック掲示板
ヒッチコック掲示板2
ヒッチコック特集
ヒッチコックマガジン
映画秘宝
映画美学校
黒澤明の世界
ヒッチコックと現代美術
海外リンク
Hitchcock.tv
IMDb
鑑賞アドバイス
ヒッチコックシアター
ヒッチコック.com


天気予報
ヒッチコックニュース
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!動画
Yahoo!画像
Google画像
goo画像
infoseek動画
掲示板
ブログ
amazon
楽天
ヤフオク

ヒッチコック本
お知らせ
ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板

サスペンス
おすすめ
ポケモン
ゾイド
ドラえもん
ハガレン
レゴ
たまごっち
ジブリ
エヴァ
任天堂
ドラクエ
倉木麻衣
ニューヨーク
オーストラリア
英会話
カレー
ラーメン
日本酒
キャンプ
温泉
鎌倉
ハワイ
地震
京都
札幌
香港
住宅ローン
生命保険
自動車保険
FX
イタリア
宅建
マンション
不動産
ゴルフ
東京
ファイナルファンタジー
ガンダム
コナン
リョウリレシピ
バリ島
パリ
福山雅治

Firefox

目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

サー・アルフレッド・ジョウゼフ・ヒッチコック(Sir Alfred Joseph Hitchcock, 1899年8月13日-1980年4月29日)は、イギリス映画監督映画プロデューサー1939年からはおもにアメリカで活躍した。スリラー映画で成功し、製作・脚本・編集・美術も手がけた。サスペンスの神様とも称される。

ナチス・ドイツ台頭時代を含むイギリス時代には、数々のナチスがモデルと思しきスパイの暗躍サスペンスを描き、『バルカン超特急』では、降伏する平和主義者が撃ち殺されるなど、当時の対独宥和主義イギリスでは過激な描写も見受けられる。

全盛期でもそれほど評価の高くはなかった彼に光を当てたのはフランスの若い評論家たちである。ヒッチコックは「ヌーヴェルヴァーグの神様」と呼ばれ、クロード・シャブロルゴダールらに崇拝され、なかでもフランソワ・トリュフォーはロングインタビューを敢行し、『映画術』のタイトルで出版した。

ヒッチコックの評価があまり高まらなかったのは、エンターテインメントの要素が高く、芸術性が稀薄だ、と思われたからである。しかし映画的に見れば、非常に高度な映画技術を有しており、際立った映画監督と言える。(この点では黒澤明に似ているかもしれない。)

自分の作品のどこかにほんの一瞬だけ必ず姿を出す(後姿やシルエットだけのこともある)ことにしている。そのせいでファンは、作品がどんなにスリリングで、手に汗握るものであれ、監督がいつ画面に登場するかを心待ちにするという稀有な楽しみを与えられた。

1940年にヒッチコックはアメリカでの初作品『レベッカ』を制作する。同作の企画はイギリスで行われ、原作もイギリスの作家ダブネ・デュ・モウリアによるものであった。作品はジョーン・フォンティン演じるヒロインが後妻として入ったイギリスの屋敷での出来事を描くサスペンスで、1940年のアカデミー最優秀作品賞を受賞した。

ヒッチコックのユーモアはアメリカにおけるその作品群でも表され、作風にはトレードマークとなったサスペンスが加えられた。セルズニックは長年の金銭問題に悩まされ、しばしばより大きな映画会社にヒッチコックを貸し出した。

彼の1940年代の作品は非常に多様であった。それはロマンティック・コメディの『スミス夫妻』(1941)から暗いサスペンスの『疑惑の影』(1943)まで多種に及ぶ。

1950年代は、ヒッチコックの黄金時代と言える。さまざまな円熟期の作品が量産された。

『鳥』(1963)までは精彩を放っていたが、『マー二ー』(1964)以降は凡庸な作品が目立つようになった。これは『マー二ー』の撮影中にティッピー・ヘドレンに関係を迫ったものの断られたことが原因ではないかといわれている。あるいは、『ハリーの災難』以来バーナード・ハーマンが音楽を担当してきたが、『引き裂かれたカーテン』の音楽を巡って対立し、結果ハーマンをこの作品から降板させ、以後は袂を分かっていたことも影響しているのではないかともいわれる。しかしながら、年齢(65歳以上)を考えれば、衰えは当然だとも言えよう。普通ならばとっくに定年退職している年齢である。

1976年の『ファミリー・プロット』は彼の遺作となった。バーバラ・ハリス演じるインチキ霊媒師と、ブルース・ダーン演じる彼女の恋人であるタクシードライバーが、犯罪に巻き込まれるという内容であった。

監督業への意欲は一向に衰えず、記者会見で「引退はいつですか?」と聞かれると「上映終了後」と答えたと言う。逆にそうした創作意欲が、弱って行く一方の自分の肉体に対して自暴自棄な気持ちになり、付き添いの看護師の目を盗んでコニャックをガブ飲みした事もあったという。

ヒッチコックは1980年1月3日にエリザベス2世よりナイトの称号を授けられた。ちょうどその4ヶ月後に彼は腎不全を起こし、ロサンゼルスで死去した。彼は火葬に付された。



アメリカ時代のヒッチコックといえばパラマウントとユニヴァーサルで作った『めまい』や『知りすぎていた男』といった豪華絢爛な作品が目立っていますが、その基礎を作ったのはワーナーで作った渋いサスペンス映画。今回のBOXはその「ヒッチコックのワーナー時代」の全貌を網羅したもので、ヒッチコックファンが長年待ち望んでいたものが遂に登場したという感があります。
ヒッチコック作品の醍醐味は、当時としては他の追随を許さなかった、斬新なカメラワークと凝った演出はもとより、女優陣の香り立つような美しさも特筆すべき魅力ではないでしょうか。監督自らのキャスティングなのでしょうか、その作品を彩る一連のヒロインは、ノーブルで知的で神秘的なまでの美しさを共通して漂わせていて、それがスクリーンに一段とエレガントな陰影を与えているように思えてなりません。
素晴らしい作品を数多く残しているヒッチコックですが、こうして一挙に見ると改めてその素晴らしさに驚かされますね。 何と言っても作品がバラエティに富んでいて、作品毎に全く違うテイストが味わえることが素晴らしいです。その演出、脚本は、まさしく「映画の教科書」ですね。

「ヒッチコック劇場」を見る度にヒッチコックの偉大さがわかります。 19世紀の生まれですからね。そう考えると非常に感慨深いものがあります。 サイレント映画からトーキー、そしてTV短編を渡り歩いたその才能。本物とはこういう人を指すのでしょう。 1映画ファンとして尊敬する人物!です。
「質」「量」ともに、充実した本。かなり読み応えがありました。元々海外で「名著」として評価されていたのも頷けます。ヒッチコック監督が、自身の映画をインタビューという形で一つ一つ丁寧に解説します。ヒッチコックファンには、それだけでもうたまらない内容なんですが、本書は、映画の撮影、スクリプト、カメラワーク、編集、照明などにまで言及がされており、「ヒッチコックバイブル」の域にとどまらず「映画バイブル」と言ってもいいくらいに、「映画」について色々と書かれてあります。

一部の実験的作品に用いられているテクニックを除けば、 映画の文法 (彼の言葉を借りればシンタックス) は既に 1940 年頃までには完成していたようだ。 CG や VFX を駆使した最近の映画のシンタックスも、 60 年前に撮られた「レベッカ」に於るそれと基本的には差がない。 しかし数十年後にどちらが残るかといえば、後者であるのはほぼ間違いない。 やはり、彼は偉大なフィルムメイカーであった。

面白かった。ヒッチコックの映画とは「外見と内実の乖離」である、とみごとに評している。ここまで単純化していながら、ヒッチコック作品から離れていない批評は読んだことがなかった。テーマ論におちいって、映画を見てなくても脚本を読んだだけで語れてしまうようなくだらない批評が多すぎるなか、これは快挙だと思う。文章も堅苦しくなく読みやすい。演出に興味のある人におすすめできる。

1976年から80年にかけて刊行されたこのシリーズに受けた影響は計り知れないものがある。晶文社の犀が左を向いたマークの本が僕のファンダメンタルに深く染みている。当時の本、例えば『マイルスとコルトレーンの日々』や『僕たちにはミンガスが必要なんだ』は今でも大切に本棚の中心に鎮座していて、時にあのアルバムをJJはどう評していたかを無性に知りたい時に僕にJJ特有の知恵を与えてくれた。

1996年作品、 バーナード・ハーマン作品をサロネン指揮、ロサンゼルス・フィル演奏でおくる映画音楽集、 この邦盤は品切れですが、輸入盤では通常に購入可能、検索はクラシック・ジャンルでsalonenと入力すれば見つかります、 本CDがちょっとポイント高いとすればサロネンがノーマン・ベイツになったつもりらしいジャケットでしょう

今にもあのイントロのメロディが聞こえてきそうです。(苦笑) 言わずと知れたホラー映画の最高傑作。まあとにかく観てほしいですね。別に回し者じゃないですよ^^; 表面的に「怖い」映画は数ありますが、ここまで人間の精神面をえぐりだした内面的な「怖さ」を持つ映画は数少ないと思います。 本当に辛いカレーというのは、ただ一瞬辛いと感じるだけではなく、あとからヒリヒリと猛烈に伝わってくる、そんなような本物の辛さを持つ映画。(苦笑) アンソニー=パーキンズの完璧すぎるほどの演技も必見。

一作目は既にリリースされているものでしょうが、他の三作品は初リリースですね。ジェリー・ゴールドスミスの音楽とメグ・テイリーが美しい2作目、アンソニー・パーキンスが監督した3作目、そしてテレビムービーの4作目で、こちらはオリビア・ハッセーがベイツの母親を演じた作品。特典映像はあまり期待できないでしょうが、単品にしちゃうとかなりの低価格〜〜でとてもお得ではないでしょうか。

ヒッチコック作品の中でも個人的に大好きな作品です。バーモント州の紅葉の美しい丘陵地帯を舞台に、一人の死体“ハリー”をめぐっての騒動をコミカルに描かれています(バーナード・ハーマンのコミカルな音楽がピッタリ)。各登場人物は“ハリー”に対して「殺人」の意識はあるのですが、とぼけた振る舞いで、勝手な理由を付け、自身の行為を肯定あるいは無かった事にしようとします。各人思惑が見え隠れしながら、奇妙な連帯感が生まれていくというストーリー展開になっており、ブラックユーモアに溢れたコメディです。
男が暗闇でライターをパチリ。女はちょっとドキットした顔をする。その後の彼女の表情がすばらしい。もちろん、彼女がそういう表情をするにはわけがあって、ちゃんと伏線が張ってあります。その後は、皆様ご存知の映画史上に残る名シークエンス。見ていらっしゃらない方は、見てのお楽しみ。アイデアに優れた映像表現に陶然とします。戦後の低迷期からの復活を遂げたヒチコック先生の会心の傑作。個人的にはヒッチ先生ハリウッド時代モノクロ3本の一本に挙げたいと思います。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

Copyright (C) テラシーク. All Rights Reserved.
Template by Netmania